借金はスルナ!

債務整理、借金整理

政務整理とは、個人がクレジット会社や金融業者などからの科仕入れに対しての返済が困難になったときに、その借金問題を解決させる方法のことです。

個人が債務整理、借金整理をするときは主に5つの方法があります。クレジットカード現金化を間違った利用方法をしてしまって借金が増えてしまった場合でも大丈夫ですのでしっかりと相談をして下さい。

1、任意整理
2、調停(特定調停を含む)
3、訴訟
4、民事再生(個人版民事再生=個人再生)
5、自己破産

それぞれを簡単に説明しましょう。

任意整理

任意整理とは、貸し手との直接交渉にて、借金を整理することを言います。しかし、これには知識が必要なため、一般人ではなく、知識と交渉力のある弁護士などに頼むのが一般的です。

ほとんどのクレジット・キャッシング業者はグレーゾーン金利で貸付を行っていますので、債務総額を利息制限法に定める利率の金額にまで減額されるのが普通です。ですが、全く返済しなくてよくなるなどということは、まずあり得ませんので、借金に対して収入があまりに低かったり、不安定な収入では任意整理として交渉するのは難しい面もあります。

調停

調停とは、貸し手借り手のどちらが正しいかを決着つける物ではありません。調停委員(裁判所)という仲介役が貸し手と借り手の双方の主張を聞いて、妥当な解決案を提示していくことです。特定調停もここに含まれます。特定調停は、より債務整理・借金返済に特化した調停方法として法整備されたものです。

特定調停は借主が破綻してしまう前に、再生できるようにすることが目的ですので、個人や法人を問わず借金の支払いが不能に陥る恐れがあるならば、利用することができます。弁護士や司法書士などの法的な代理人を立ててもよいのですが、基本的には自分で行えるように法整備がなされています。それが最大の特徴といえます。

訴訟

上記の調停で合意に達しなかった場合に訴訟で決着をつけるために、行われます。言うまでもないとは思いますが、貸し手と借り手の言い分のどちらが正しいかを、裁判官に決めてもらいます。

民事再生法

民事再生法を個人に適用する物で、その人の属性で、手続き方法に違い(種類)があります。自己破産とは異なり、財産や取得した国家資格などを失うことなく、また事業を続けながら再建を図ることが出来るのが特徴です。任意整理や特定調停よりも法的に債務者に有利です。ただし適用条件のハードルも高めになります。これは当然ですね。

個人再生というのは、たとえば600万円の債務のある人が、収入に応じて支払える額として、150万円を3年間で返済するというような計画を立て、この計画(再生計画)を裁判所が認めることです。その債務者がその後実際に、計画通り3年間できちんと150万円を返済できたならば、残りの450万円の債務が免除されるのです。ただし、この個人再生の制度を利用するには、ある程度の条件を満たすことが必要です。

自己破産

これは言葉は知っている人が多いと思いますが、そのうち半分は意味を知らない人もいるのではないでしょうか。これは他の借金整理が無理な場合の最終手段です。そのため破産者である期間は職業に制限などもあります。注意が必要なのは破産宣告を受ければそれだけで借金が全て無くなる訳ではないことです。「免責」というものを合わせて受ける必要があります。

自己破産は、地方裁判所に申し立てをして破産宣告を受け、その後免責の申し立てをして免責決定を受けることで借金が免除されます。保証人がいる場合は、その人が支払う義務を負います。

おすすめWEBサイト 5選

iphone 修理 京橋
http://castle-iphone.com/shop-kyobashi/
レンタルドレス 東京
https://canvas-dress.com/
トライク
http://www.garage-elf.jp/
医学部 予備校 名古屋
http://st.mepres.net/

最終更新日:2016/10/26

次のページへ

サイトトップ
債務整理、借金整理
悪徳業者1
悪徳業者2
自己破産について
お問い合わせ